2016年01月24日

『アイドルマスター SideM』山梨の銘菓発売が決定

●山梨県と、理由(ワケ)あってコラボレーション

 バンダイナムコエンターテインメントより配信中の『アイドルマスター SideM』と、山梨の銘菓や伝統工芸品とのコラボグッズの発売が決定した。

 グッズは、巾着入り寒天信玄餅、甲州印伝プチがまぐち、甲州ジュエリーペンダントトップとペンダントチェーンの4アイテム。いずれの商品も2016年2月5日より特設サイトにて販売される。

 以下、リリースより。



 株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大下聡)が配信・運営を行うソーシャルゲーム「アイドルマスター SideM」と、山梨の銘菓や伝統工芸品とのコラボグッズの発売が決定しました。

 これは、「二次元アイドルに山梨での仕事を依頼」というコンセプトの企画で、人気ゲームとのコラボレーションを通じて、若い世代や全国のゲームファンに「銘菓」「伝統工芸」「地方新聞」などに興味をもってもらい、地域振興を図りた い、という山梨からのオファーにより実現しました。

 商品は「巾着入り寒天信玄餅」「甲州印伝プチがまぐち」「甲州ジュエリーペンダントトップ、ペンダントチェーン」の4アイテムで、2月5日(金)より「アイドルマスター SideM×山梨」の特設サイトにて通信販売・受注販売を行います。さらに今後も様々なキャンペーンを予定しており、詳細は順次特設サイト等で発表いたします。

 今回、ゲーム内に登場する「315プロダクション」のアイドルたちがゲームの世界を飛び出し、グッズの販売や広告などを通じて山梨の様々な魅力を PRし、活躍する予定です。どうぞご期待ください。

■山梨の「信玄餅」「甲州印伝」「甲州ジュエリー」が、アイドルユニットをイメージしたグッズに!

●巾着入り寒天信玄餅
 「巾着入り寒天信玄餅」(全4種類/2,500円・税込・送料別)は、山梨県富士吉田市の織物・郡内織で作ったオリジナル巾着に甲州銘菓の信玄餅を詰めました。ゲーム内に登場する元自衛官アイドル「信玄誠司」と「信玄餅」の名前をかけてのコラボレーションで、アイドルユニット Jupiter、DRAMATIC STARS、High×Joker、FRAMEをイメージしたオリジナル巾着と、ユニットロゴをデザインした缶バッジ付の全4種を販売します。

●甲州印伝プチがまぐち
 山梨の伝統工芸・甲州印伝の工芸士が一つ一つ手作 業で作り上げたオリジナルデザインの「甲州印伝プチがまぐち」(全4種類/5,000円・税込・送料別)です。ジュエリーや小物を入れるのにちょうどいいプチサイズで、 裏地には郡内織の布地を使用しています。
  

Posted by thanhlong at 18:18Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース

2016年01月17日

「一血卍傑 ONLINE」の最新情報が発表される

DMM.comは本日(2016年1月15日),同社とRejetがタッグで送るブラウザゲーム「一血卍傑 ONLINE」の最新情報を,生放送イベント「CHANGE」で,明らかにすると発表した。

 2月6日のイベント開催に先駆けて,公式サイトではTwitterを利用したキャンペーンが始まっており,1万ツイートに到達するとカズキヨネ氏描き下ろしによる「一血卍傑」の登場キャラクターのイラストが公開されるとのこと。

 生放送の配信スケジュールや発表内容などは,以下のリリース情報で確認してほしい。
  

Posted by thanhlong at 17:43Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース

2016年01月14日

『テイルズ オブ ベルセリア』のテーマは“感情と理”

●新たな挑戦を詰め込んだシリーズ最新作icon12

 バンダイナムコエンターテインメントは、2016年発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『テイルズ オブ ベルセリア』について、登場キャラクターやシステムなどの最新情報を公開した。

 本作は『テイルズ オブ』シリーズのマザーシップタイトル最新作。いのまたむつみ氏、藤島康介氏、奥村大悟氏、岩本稔氏がキャラクターデザインとして参加し、アニメーションはおなじみのufotableが手掛ける。



 本作のテーマとなるのは、“感情と理(ことわり)”。シリーズ初の単独女性主人公・ベルベットを中心に、魅力的なキャラクターが壮大なストーリーを織りなしていく。

●物語のテーマは“感情と理(ことわり)”

 強い感情を宿し、前へと突き進むベルベットと、感情を捨て、理(ことわり)を貫くことで世界に秩序をもたらさんとする者たちとの対立。そして誰もが抱く、感情と理性の葛藤が描かれる。


●物語の舞台

ウェイストランドという世界――その中央に広がる大地がある。
遥か先の未来にて、グリンウッドと呼ばれる大陸だ。

物語の舞台は、海を越えてこの広大な大陸を統治する大国“ミッドガンド聖導王国”。
いくつかの大地と、無数の諸島からなり、それらは“領”と呼ばれる管轄区としてまとめられている。

同じ王国内でも、北方と南方では寒暖差が激しく、土地による気候差も大きい。
気候差は、文化体系にも影響しており、建物の様式や、人々の暮らしも領によってさまざま。
近年は世界的に寒冷化が進んでおり、とくに北方地域は積雪に埋まりつつあった。

ミッドガンド聖導王国では造船と航海の技術が発展しており、各地の交易も盛んに行われている。
海洋部は、海流や気象の変動が激しいため、交易船は特定の航路を使用するが、それらを狙う海賊も出没するという。  

Posted by thanhlong at 16:11Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース